夢工房 中川さんが新聞に載りました!

2014 年 05 月 09 日




先日夢工房の中川さんが新聞に取り上げられました。
珍しい柑橘系の弓削瓢柑(ゆげひょうかん)のジュースは当店でも人気のジュースです。

記事内容↓↓↓↓
柑橘類の栽培が盛んな熊本市西区河内町で、台湾がルーツの品種『弓削瓢柑(ゆげひょうかん)』が収穫最盛期を迎えた。レモンのような長球形が最大の特徴。さっぱりとした酸味と甘さに隠れた人気がある。

柑橘類の歴史に詳しい「日本柑橘図譜」によると、昭和初期に旧天水町(現玉名市)の農家が台湾で栽培されていた品種「台湾文旦」の接ぎ木用の枝を譲り受けたのが始まり。数年後に実が付き、中国古来の瓢柑にちなんで名づけられた。「弓削」の名前の由来は不明という。
河内町では約40年前に数軒の農家が導入したが、栽培敵地限られ、機械で選果できないため広がらなかった。現在は農家7戸で生産する。
親子2代で栽培する中川一典さん(60)の計50Rの畑では黄色い果実が実っていた。ことしは寒さや雨の影響も少なく、質も量も上々という。収穫は4月末まで。例年は約10トンを個人向けに出荷している。
最近、県が台湾と定期航空路開設を目指すなど交流活発化の動きを見せており、中川さんは「弓削瓢柑は台湾とのつながりが深く、双方の架け橋となるのではないか」と期待を寄せている。

この“弓削瓢柑”の100%ジュースを当店で販売中です。


購入はコチラから↓↓↓↓↓
http://www.araki-vino.co.jp/store/products/detail.php?product_id=28